6月19日、モラー特別検察官のチームに抜擢されたベテラン連邦検察官、アンドリュー・ワイスマン氏(中央)は、昨年の米大統領選におけるトランプ陣営とロシアとの関係を探る「ロシアゲート」捜査において大いに役立つであろう能力で知られている。ヒューストンで2003年5月撮影(2017年 ロイター/Jeff Mitchell)

[19日 ロイター] - モラー特別検察官のチームに抜擢されたベテラン連邦検察官は、昨年の米大統領選におけるトランプ陣営とロシアとの関係を探る「ロシアゲート」捜査において大いに役立つであろう能力で知られている。

 モラー特別検察官の捜査チームに先月参加したアンドリュー・ワイスマン氏は、友人や同僚、上司に背いて、証人になるよう説得する能力に長けているのだ。

 それ以前は米司法省で刑事上の詐欺事件を担当する部署を率いていたワイスマン氏は、過去2つの任務で最もよく知られている。今はなき米エネルギー企業エンロンの不正会計事件と、ニューヨーク市ブルックリンの組織犯罪を巡る裁判における捜査だ。双方とも、証人の協力が大きな鍵となった。

 多くが独自に雇った弁護士を抱えるトランプ大統領の側近から、協力を得ることは、先月17日に司法省によって任命されたモラー特別検察官にとって重要となる可能性がある。

 モラー特別検察官は、特にトランプ大統領自身が司法妨害を行ったかどうかについて捜査している。トランプ大統領は、共謀、妨害いずれの嫌疑も否定している。

 寝返って証人になることは、必ず成功するわけではないが、刑事訴追においてよくある戦術だ。