[ワシントン 22日 ロイター] - トランプ米大統領は22日、AT&T<T.N>やベライゾン・コミュニケーションズ<VZ.N>などの通信大手やゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>などの首脳らと会合し、第5世代(5G)通信や小型無人機「ドローン」などの次世代テクノロジーを後押ししていくことを確約した。

会合には通信や産業大手、ベンチャーキャピタル(VC)、「ドローン」メーカーの幹部が参加し、政府がどのように新技術の導入を加速させていくことができるか協議した。

トランプ大統領は会合に集まった幹部らに対し、次世代テクノロジーによって「新しい企業が誕生し、多くの雇用が創出されることを望む」とし、「企業が必要とする競争上の強みを提供する」と語った。

ドローンメーカーからはケスプリー、エアマップ、エアスペース、メジャーUSA、トランブル・アンマンド、プレシジョンホークなどの幹部が参加し、ドローンの一段と幅広い商用利用巡る承認を加速させるよう政府に求めた。

ベンチャーキャピタルでは、レボリューション、500スタートアップス、カユガ・ベンチャーズ、エピック・ベンチャーズ、ライトスピード・ベンチャーズなどが会合に臨んだ。

トランプ大統領は18日、アップル<AAPL.O>やアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、マイクロソフト<MSFT.O>など、国内ハイテク大手18社の幹部を集め、政府の情報技術(IT)システムの効率化に向けた助言を求めた。

来週にはエネルギー業界の首脳との会合が予定されている。