[ワシントン 22日 ロイター] - 昨年の米大統領選挙におけるトランプ陣営とロシアの共謀疑惑を巡る捜査で、コーツ国家情報長官とロジャーズ国家安全保障局(NSA)局長は、トランプ大統領は情報当局が疑惑を公に否定することを提案したが、それを命令とは受け止めなかったと語った。CNNが22日、複数の関係者の話として伝えた。

2人は先週、モラー特別検察官の捜査チームと上院情報特別委員会による非公開での聴取を受けた。

CNNによると、2人はトランプ大統領の提案に驚き、大統領とのやり取りは奇妙で心地悪いと感じたが、大統領の要請には従わなかったと述べた。

ホワイトハウスは、ロシア疑惑の捜査に関する質問はトランプ大統領の外部弁護士であるマーク・カソウィッツ氏が回答するとしているが、同氏の広報担当者はコメントの求めに応じていない。

モラー特別検察官の広報担当には接触できていない。

コーツ長官、ロジャーズ局長、上院情報特別委のバー委員長と委員のワーナー議員はノーコメントとしている。

コーツ長官とロジャーズ局長は6月7日開かれた上院情報特別委員会の公聴会で、大統領との会話についてコメントすることはできないとしていた。