[フランクフルト 22日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)の銀行監督理事会のハッカライネンECB代表は22日、ユーロ圏の銀行の不良債権問題について、全域の銀行が引き続き削減に向けた大胆な措置を実施する必要があり、公的セクターが包括的解決に乗り出すのを待つべきではないとの見解を示した。

同代表はまた、銀行は効率性を改善すべきだとし、健全な銀行セクターにとって、破綻の脅威が迫ったときに、納税者ではなく民間投資家に損失を負わせるのが基本だとの考えを示した。

将来的に、欧州で国境を超えた銀行の合併数が増えることが望ましいとも述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧下さい)