ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

グーグルが目指すケータイの創造的破壊と実効支配
「Google+」というスマホ時代の巧妙な仕掛け

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第3回】 2011年7月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
5
nextpage

 データエクスチェンジ(データの取引)とは、消費者の行動履歴等、ユーザに関する情報を広告主等に販売するものである。これにより広告主は、まだ自分自身でリーチできていない顧客候補を、単なる基本属性ではなく行動様式等で詳細に定義できるようになる。またその上で、時間や地域等の条件下での行動履歴を元に、消費者の意向をより詳細に把握することができるようになる。

 それ自体は、これまでにもいくつかの分野で存在しており、ネット広告の分野ではすでに取り組みが進んでいる。しかしその主体がGoogleとなると、縁日で配られる手作りの麦茶と、世界で売られるコーラくらいの違いがある。

データ市場の創造と支配に進むGoogle

 しかも今回は、単にデータの外販を始めるというのではなく、Googleがデータエクスチェンジの〈市場〉を作るという。

 たとえば証券市場や美術品のオークションは、決して参加者の勝手な値付けだけで進められるわけではない。そもそもの集客や、作品の審査に膨大な手間を費やして、最終的に適正な競りを実現するための環境作りや売出値を設定することが、主たる仕事となる。このように、およそ市場と称する以上は、それが適切に運営されるための、何らかのロジックが存在する。

 Googleが市場を作るとなれば、当面の売買対象となる消費者の行動履歴をはじめ、様々な情報財について、値付けのロジックを有している、ということになろう。そしてGoogleほどの規模感を持った市場はまだ世の中に存在しない。すなわち、結果的にGoogle自身がこの分野における唯一絶対的なルールメーカーとなる可能性がある、ということだ。

 そしてGoogleがこの市場に参入するとしたら、おそらくは彼らの扱う情報すべてが、その対象となるだろう。すでに彼らの守備範囲はWeb上の検索やコミュニケーションに限らず、動画、音楽、書籍、テレビ、位置情報、ストリートビュー、あるいは戦線縮小気味であるものの、医療情報やスマートグリッド等も含まれる。

 そこに、Androidが、はめ込まれる。しかもそれは、Google+という最強のソーシャルメディアによって、個人の情報を収集しつくすための武装が、十二分に施されている。パズルのピースが埋まる瞬間だ。

previous page
5
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧