ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

グーグルが目指すケータイの創造的破壊と実効支配
「Google+」というスマホ時代の巧妙な仕掛け

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第3回】 2011年7月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
7
nextpage

 Googleのサービスが台頭すればするほど、世界中のネットワークがGoogleを中心とした構造に近づいていく。こうした、Googleによる間接的なネットワーク支配が、すでにケータイの世界でも起こりつつある。スマートフォンの台頭によって、ケータイからのビデオ視聴の機会は今後も増えることが予想されているのだ。

 となると、映像配信の中心であるYouTubeと、ケータイ・ネットワークの距離の近さは、顧客が通信事業者を選択するための重要なポイントとなっていく――まったく同じロジックで、ケータイでもGoogleによる支配が強まっていくのである。

 しかもAndroidとGoogle+がそれを媒介する分、もしかするとケータイの方が、そのロジックは強く作用するかもしれない。確かに気がつけば、ソーシャルメディア経由でビデオを見ることが、かなり増えている。

統治すれども君臨せず

 Googleの目指すところが、世界中のあらゆる情報流通の〈間接的な支配〉だとすると、Google+によって武装されたAndroidは、その先兵として重要な役割を担う。そしてそれは、スマートフォンで売上とデータARPUを拡大したい通信事業者と、よりリッチな情報環境を獲得したい利用者の両方を、緩やかに懐柔していくための、いわばトロイの木馬のような役割を果たす。

 そしてGoogleはすでにそうした戦略に、自覚的になりつつあるようだ。

 そもそも、捕捉可能なデータに、思い通りの価格を付けて、商材として外部に提供できるとなれば、Googleにとってはこれまで以上にサービスを提供してデータを集めることの、大きなモチベーションとなる。しかもAndroidの世界を広げれば広げるほど、利用者が「勝手に」情報を出してくれるとなれば、これほど楽しいことはない。

previous page
7
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧