ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

日本株年後半上昇の三つの理由
注目は割安で需給好転の銀行株

門司総一郎
2011年7月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 本誌4月30日・5月7日合併号の本欄で「世界的な株価上昇は一段落、今年後半は日本株が優位に」と述べたがこの見方は今も変わっていない。今回はあらためて日本株高を見込む理由を述べてみる。

 理由は三つある。第1は景気回復だ。当社は今年4~6月の日本の実質GDP成長率はマイナス3.2%(前期比年率ベース、以下同)、東日本大震災の影響により1~3月に続いてマイナスになったと考えている。

 しかし、今後は7~9月がプラス4.8%、10~12月がプラス6.0%と高めの成長を見込んでいる。これは、(1)震災後の自粛モード解除による消費の伸び、(2)復興需要による住宅投資や公共投資の増加、(3)被災した工場での生産再開に伴う輸出の回復によるものだが、この見通しを素直に当てはめれば、年後半の日本株は上昇となろう。

 業績についても同様だ。大和証券キャピタル・マーケッツのアナリストがカバーする日本の主要企業200社(銀行・証券・保険を除く)の今年度上期の経常利益は震災の影響で前年同期比26%減との予想だ。しかし、下期は27%増、さらに来年度上期は47%の大幅増益と見ている。これが株価上昇を見込む第2の理由だ。

 第3の理由は円安だ。足元のドル円は米国の債務不履行(デフォルト)懸念から1ドル=80円を割り込んでいるが、当社では近日中に債務上限引き上げ問題が決着し、デフォルトは回避。さらにインフレ圧力の高まりにより、米連邦準備制度理事会(FRB)は来年初めに利上げに踏み切ると予想している。これらを踏まえて今後円は対ドルで下落すると見ているが、これも日本株の上昇要因となる。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧