[モスクワ 23日 ロイター] - ロシア上院のオゼロフ国防委員長は23日、過激派組織「イスラム国」(IS)指導者のバグダディ容疑者が殺害された可能性は100%に近いとの見方を示した。インタファクス通信が伝えた。

報道によると、オゼロフ委員長は「この情報は100%に近いと思う」と述べ、「ISがバグダディ容疑者を依然として表に出していないことも、同氏が殺害されたという確信を強める理由だ」と語った。