[クリーブランド 23日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は23日、米経済は良好に推移しており、連邦準備理事会(FRB)は雇用やインフレで後手に回らぬよう、利上げを継続していく必要があるとの見解を示した。

メスター総裁は、利上げは「経済の健全な状況を維持することが目的で、拡大を減速させるためのものではない」と指摘。「現時点で基調的な経済ファンダメンタルズは極めて良好だ」と語った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)