201706sim

 前回の記事では「格安SIMとは何か」を解説したが、格安SIMが毎月の通信料金の安い携帯電話サービスとわかったところで、数ある格安SIMのうちどこと契約すればいいのだろうか。月額料金は1000円台からとほぼ横並びだが、格安SIM事業者によってはSNSの通信量が無料だったり、通話定額サービスが充実したところもある。目的別に格安SIMを選んでみよう。

料金プランで最重要のポイントをチェック

 格安SIMとひとくくりで言っても、通信量の繰り越し対応や契約期間、解約手数料などは提供会社によってまちまちだ。まずは、契約時に注目しておきたい項目について紹介する。

(チェックポイント1)■通信量繰り越しの有無■

 安く格安SIMを使いたい場合、通信量が3GB前後のプランを契約するユーザーも多いはず。この際、実際に使える通信量を左右するのが「通信量繰り越し」だ。当月に余った通信量を翌月に繰り越して利用できるので通信量をムダなく利用できる。

 もし通信量がなくなった場合、高速通信を利用するには追加チャージが必要だ。だが、追加チャージの通信量は割高なことが多い。通信量に余裕のないプラン選択をするなら、通信量繰り越しに対応した格安SIMを選ぶことで通信量不足にならないよう工夫しよう。

201706sim
データ通信繰り越し対応SIMなら、余った通信量を翌月に回せる

 対応しているのは、OCN モバイル ONE、IIJmio、DMMモバイル、楽天モバイル、BIGLOBE SIM、mineo、LINEモバイル、イオンモバイル、FREETEL、NifMoなどだ。サブブランド系だとUQ mobileは対応しているがY!mobileは対応していないので注意。

(チェックポイント2)■解約手数料■

 多くの音声通話対応の格安SIMの場合、契約してから6ヵ月や12ヵ月など一定期間内に解約すると解約手数料を取られる。ただし、最初の6ヵ月か12ヵ月を過ぎると、解約やMNP(番号ポータビリティ)をしても解約手数料を取られることはない。

 解約手数料は各社によってまちまちだが、6000~9800円あたりが多い。また、最初の1月は1万2000円だが、毎月解約手数料が1000円ずつ安くなるものもある。いちど契約したら、すぐに他社へ移行すると余計な費用がかかるので注意しよう。

 変則的なパターンとしては、FREETELやmineo、イオンモバイルのように通常の解約は解約手数料をとらないが、12ヵ月以内に他社へMNPで移行した場合に限り解約手数料や高額のMNP転出手数料をとる場合もある。こちらは通常解約なら余計な費用はかからないので、短期間だけ使いたいときに活用しやすい。

201706sim
音声通話対応の格安SIMの場合、ほとんどが短期解約に対して解約手数料をとっている。画面はIIJmioの場合だ。格安SIMによっては解約手数料の存在が案内が少なくわかりにくい場合もある

(チェックポイント3)■契約期間■

 Y!mobileやUQ mobileと契約する場合は、2年契約で途中解約に解約手数料がかかる場合がある。格安SIMだからといって、2年契約がまったくないわけではないので注意しよう。

201706sim
Y!mobileやUQ mobileの最安料金は、2年契約と各種キャンペーン適用が条件となっている。契約13ヵ月目から月額料金が高くなる点も含めて注意したい

 また、楽天モバイルの「コミコミプラン」のように、スマホと格安SIMのセットに加えて通話定額を安く使えるなど特別なプランの場合、解約手数料のかかる期間が24ヵ月で支払額1万2960円と、実質2年契約に近いプランになっている場合もある。契約時には契約期間をよく確認しよう。

 格安SIMに移行する際にチェックしたいのはパケット繰り越しや契約期間、解約手数料だけではない。自分がふだんどのようにスマホのパケットを使っているかでチョイスする格安SIMも変わってくる。目的別の格安SIMとプランをチェックしていこう。

音声通話が多いユーザーが選びたいプラン

 ビジネスやプライベートの通話が多い人は、通話料金が気になるところ。格安SIMでも通話定額に対応したサービスが増えており、対応プランから選ぶことをオススメする。

 格安SIMの通話定額は、今年に入ってから通話1回につき10分のサービスが増えてきた。これまで一般的だった1回5分無料を超える、実質的な値下げ競争が始まりつつある。

 通話1回10分まで無料のプランを通信量3GB前後のプランと組み合わせたものと、ドコモの一般的なプランをリストで比較してみた。

201706sim

 1回10分無料で比較するとY!mobileが安いのだが、2年目からは月額料金が1080円増える。それを考えると、長く使うならIIJmio、OCN、NifMoのプランが魅力的だ。この3社は専用の通話アプリを使う必要があるものの、10分を超えた通話料が30秒/10.8円と安いのも魅力的だ。ドコモやY!mobileは30秒/21.6円なので長電話に向いていない。

 逆に、1回あたりの通話が多い、長電話が多い人はY!mobileで「スーパーだれとでも定額」を付けるのがオススメだ。ドコモやau、ソフトバンクで同等のプランを選ぶよりも安く、気兼ねなく長時間通話できる。

201706sim
格安SIMの通話定額を有効にするには、各社の専用通話アプリを使う

050 plusなどのIP電話は海外で便利

 通話料金を安く抑えるにはIP電話サービスも有効だ。NTTコミュニケーションズの「050 plus」などの対応サービスを契約すると、通常の電話番号とは別に「050」から始まる電話番号を取得して低価格で通話できる。

 利用料金は月額324円で、通話料は国内固定電話に3分/8.64円、携帯電話に1分/17.28円と通話定額ではないがかなり安い。また、海外から050 plusアプリを使って日本国内に電話した場合も、日本にいるときと同じ安い通話料で話せる。

 通話音声の送受信にはデータ通信を使うため、データ通信が不安定な場所では音声が途切れやすい欠点もある。だが、ビジネス用に別の電話番号を持ちたいユーザーや固定電話への通話が多い場合、海外主張や旅行が多いユーザーには魅力的なサービスだ。

201706sim
050 plusも専用アプリを使って通話する。050 plusの発信ボタンと、スマホ本体の通話サービスの発信ボタンの両方を搭載
201706sim
スマホの格安SIMなどとは別に、050電話番号で低価格通話が可能だ

 このほか、特殊なIP電話としては「LINE Out」やSkypeの有料サービスを使って実際の電話番号に電話することもできる。ただし、国内電話への電話番号通知が表示されない場合もある。どちらかと言えば、050 plusのように海外での通話に役立つサービスだ。

動画をよく見るユーザーが選びたいプラン

 通信量をもっとも消費しやすいのが、YouTubeやAbemaTVなどの動画配信サービスだ。だが、これらのサービスを通信量の消費なしで利用できるオプションがBIGLOBE SIMなどから提供されている。

 BIGLOBE SIMの「エンタメフリー・オプション」は、通常の料金プランに加えて月額518円を支払うことで、YouTube、AbemaTV、Google Play Music、Apple Music、Spotify、AWA、radiko.jpなど人気の動画配信サービスや、音楽配信サービスの通信量がかからなくなるプランだ。

201706sim
BIGLOBE SIMのエンタメフリー・オプション

 仕組みとしては、YouTube動画を視聴する際は若干映像に圧縮がかかるようになっている。とはいえ、スマホサイズの画面だとそこまで極端な画質劣化はない。毎日動画を見続けて通信量が足りないというユーザーにはオススメのサービスだ。

201706sim
201706sim
左がYouTubeを通常のモバイルデータ通信で再生した場合の画質。右がエンタメフリー・オプションを有効にしたBIGLOBE SIMで再生した場合の画質。画質の劣化は少ない

 実際にYouTubeを1時間再生したところ、実際にかかった約0.23GBぶんの通信量が、毎月の通信量から引かれていなかった。1ヵ月間1日1時間ずつ再生する計算では約6.9GBぶんオトクだ。

 このほか、YouTubeを通信量フリーで見られるサービスとしては、データ通信専用SIMだがDTI SIMの「DTI 見放題 SIM」がある。通信量7GBのデータ通信専用SIMを月額2624円で使えるサービスだ。タブレット端末で利用したり、YouTube専用に1台スマホを用意して使うのにも向いている。

 AbemaTVやAWAを通信量フリーで使いたいなら、7月1日開始予定の「LinksMate」にも注目だ。音声通話対応SIMの場合、通信量5GBのプランを月額2268円から利用できる。また、AbemaTVだけでなくスマホゲームの通信量フリー対応タイトルを広げる予定で、「グランブルーファンタジー」などを毎日遊んでいるユーザーも注目の格安SIMだ。

201706sim
7月1日開始予定の「LinksMate」。AbemaTVのほか、今後スマホ向けゲームアプリのカウントフリーや連動コンテンツを拡充する予定

  LINEやFacebook、TwitterなどSNSの通信量フリーのサービスも増えてきている。LINEモバイルはその名の通り標準でLINEトークや通話の通信量が無料だ。さらに「コミュニケーションフリープラン」では音声通話対応の月額1825円、通信量3GBのプランでTwitterやFacebook、Instagramの標準的な通信もカウントされなくなる。

 FREETELもスマホとセット契約の「スマートコミコミ+」または、データ定額3GB(月額1706円)以上のプランを契約すると、LINEやTwitterやFacebook、Instagramの標準的な通信に加えて、ポケモンGO(Niantic社サーバーとの通信)などもカウントフリーとなる。

201706sim
LINEモバイルはカウントフリーに加えて、格安SIMながらもLINEの年齢認証を利用できるといった利点がある

通信料節約のため、事前に自宅で動画をダウンロードすべし

 外出先で動画を見たいが通信量が気になる。根本的な対策としては、自宅などのWi-Fiで動画配信サービスのコンテンツをダウンロードしてしまうのがもっとも効果的だ。

 最近ではAmazonプライム・ビデオなどで映画のほか、アニメやオリジナルの動画コンテンツも充実してきている。ネット動画の通信量は30分番組で0.3GB、90分映画でも1GB程度なので、最近のスマホなら高速に何本もダウンロードできる。また、ダウンロードした動画は多くのサービスがオフライン環境でも再生できるため、飛行機や新幹線の移動中も快適に見ることが可能だ。

ダウンロード対応のおもな動画サイト
Amazonプライム・ビデオ
dアニメストア
Netflix
BANDAI VISUAL+ ほか

200kbpsの低速定額はホントに“使える”?

 格安SIMの中には、高速通信をオフにして200kbps制限にすると通信量がかからない低速モードを使えるものがある。OCN モバイル ONE、IIJmio、DMM mobile、楽天モバイル、mineo、FREETELなどで利用可能だ。

 このモードは基本SNSなどの閲覧に特化しており、Twitterの読み込み操作をして2秒程度は200kbpsよりも速く読み込んで快適に使える“バースト”と呼ばれる機能が搭載されているものもある。

 実際、Twitterなどは画像や動画が多い内容を読み込まない限り快適に利用できた。一方で、YouTubeなどの動画サイトでは読み込みで延々と待たされるので実用的ではない。

201706sim
格安SIMによっては、アプリで気軽に切り替えられる
201706sim
200kbps制限でもTwitterなどのSNS操作は快適そのもの