[クリーブランド 23日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は、最近のインフレ鈍化は一時的な公算が大きく、金融政策を引き締める「差し迫った必要性はない」が、米連邦準備理事会(FRB)は利上げを遅らせてはならないとの認識を示した。

総裁は記者団に対し、「行動を起こす差し迫った必要性はなく、われわれは後手に回っているとも思わないが、この緩やかな金融緩和の解除は理にかなうと考えている」と述べた。中央値で今年、および来年3度としているFRB当局者の利上げ見通しを支持するとしている。

年内の追加利上げとバランスシート縮小開始への支持を取り止める要因は何かとの質問に対しては、「弱いインフレ指標に加え、需要が本当に大きく減退していることを確認する必要がある」とした。その上で、FRBの政策は最終的には指標次第と述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)