fFLAT5の「Aria Two」は同ブランド最新のトゥルーワイヤレスイヤフォン。振動板に古河電工のMCPETを使った独自のドライバーユニットを搭載するのが特徴で、同じドライバーを積んだ最初の機種「Aria One」は音質面でかなり印象が良かっただけに、気になる存在だ。

低域寄りでゴージャスな音の1万円台完全ワイヤレスイヤフォン「Aria Two」

 Aria Oneとの違いは、まず音声コーデックがSBC、aptXに加え、AACにも対応したこと。保護等級はIPX5からIP54となり、防塵性能をうたうようになったこと。そして見たとおり、デザインがまったく違う。

 大手販売店のe☆イヤホンがAria Twoに付けた価格は1万8144円。Aria Oneよりも上位という設定。やっぱり気になるのは、Aria Oneとの音の違い。果たしてどんな製品に仕上がっているのだろう?

もともと違う用途目的で作られたMCPET

 まずfFLAT5と、そのテクノロジーについておさらいをしておこう。fFLAT5は香港に本拠を置くSanwa Global Limitedのオーディオブランドで、日本国内では東祥インターナショナルが扱う。前述したとおりドライバーユニットの振動板として、古河電気工業の開発した超微細発泡光反射板「MCPET」を使うのが他社にないユニークな点。

 MCPETはポリカーボネートを10μm以下の気泡で発泡させたシートで、光学特性の優秀さから、LED照明や液晶バックライトの反射板に利用されてきた。最近では剛性が高く軽量という特徴から、スピーカーユニットの振動板にも利用範囲を広げてきた。その応用例がfFLAT5の製品というわけ。

低域寄りでゴージャスな音の1万円台完全ワイヤレスイヤフォン「Aria Two」
パッケージ裏には振動板とともにボイスコイルの線材も古河電工製であることが説明されている

 スペックは微妙に異なるようだが、新しいAria TwoにもAria Oneと同じ9mm口径のダイナミック型ドライバーが載っているようだ。再生周波数帯域は20Hz-18kHz、インピーダンス16Ω、最大入力10mW、音圧感度99dB(注:このスペック値は、ウェブと取扱説明書では記載された値が異なるため、国内代理店に問い合わせて得たもの)。

小型化されたイヤフォン本体

 Aria Oneと異なるのは、まずパッケージングだ。イヤフォン本体は薄くなり、全体的に小型になった。それにより連続再生時間はAria Oneの4時間に対し、Aria Twoは3時間と1時間短くなっている。

 そして装着安定性を確保するためのスタビライザーは省略されている。防水保護等級が一段下がったことでもわかるように、ジムでのハードなトレーニングは、想定される用途の上位項目から外れたということだろう。

 イヤフォンの充電は、付属のバッテリー内蔵ケースを使う。ケースへの給電はUSB経由で、イヤフォン本体の充電に60分。ケース内蔵バッテリーの充電には2時間かかるが、これで電源のない場所でもイヤフォンを3回充電できる。

低域寄りでゴージャスな音の1万円台完全ワイヤレスイヤフォン「Aria Two」
ジュエリーケース風のデザインでトップに大きくロゴが入るバッテリー内蔵ケース
低域寄りでゴージャスな音の1万円台完全ワイヤレスイヤフォン「Aria Two」
ケースにイヤフォンを収めた状態でUSB経由で給電すれば、イヤフォンとケースの同時充電もできる

 左右はシルバーとゴールドで色分けされているのでわかりやすい。ゴールドが右チャンネルで、スマートフォンと直接接続するプライマリー側。Bluetooth 4.0対応で、マイク内蔵でヘッドセットとしても利用可能。一度ペアリングを済ませれば、電源を入れるだけでステレオペアとして自動接続する。

 イヤフォン本体は、一見するとメタルパーツをあしらっているように見えるが、実際には樹脂成形品。操作はマルチファンクションのシングルボタン式で、「♭5」ロゴの入った側面全体がボタンになっている。

 付属品はバッテリー内蔵ケースのほか、充電用USBケーブル、クリーニングクロス、標準のシリコン製イヤーチップ(SML)、コンプライ製の形状記憶フォームチップ(SML)、そして日本語も含む取扱説明書。

低域寄りでゴージャスな音の1万円台完全ワイヤレスイヤフォン「Aria Two」

やや低域寄りになった音質

 本体の形状はまったく人間工学的に見えないが、その割に装着感は悪くない。イヤーピースがフィットしていれば、装着安定性も悪くはない。むしろこのデザインはボタン面積が大きくとれるので、操作性でのメリットを感じる。

 Bluetooth周りの使用感は、印象の良かったAria Oneそのままで、トゥルーワイヤレスイヤフォンにありがちなフェージングの問題は感じなかった。動画再生時の映像と音声ズレは存在するものの、音と動きのズレが目立ちやすいミュージックビデオでもさほど気にはならない。

 音に関しては細かいチューニングが入っているようだ。まず、再生音の帯域バランスは、味付け程度だがやや低域寄りになり、もう少しあってもいいかなと感じていた高域が増している。標準装着のイヤーチップは、内側に硬めのシリコンチューブを使ったハイブリッドタイプに変更されているので、高域の印象はそのせいでもあるはず。

 全体としてドンシャリにならずに済み、ワイドレンジ化しただけのように感じられるのは、もともと中音域の解像感が豊富なおかげ。ドライバーユニットの特徴と思われる独特のエア感はそのまま生かされているし、ダイナミック型ドライバーのイヤフォンとして、これもまた不満のないバランスだ。

 総じて言うなら、デザインを高級志向に、音もゴージャスな方向に振ったのがAria Twoのようだ。ただ、fFLAT5ならではのよさはAria Oneでも楽しめるし、バッテリーも長く持つ。迷ったら価格やデザインの好みで選んでしまってもいいかもしれない。