ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新人編集者ムラタの××日記
【第9回】 2011年7月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

広がれ視野、増やせ本棚。
7月18日(月)~ 7月24日(日)

1
nextpage

昨日、最近すばらしい偉業を成し遂げた方が来社され、花束を渡しました。ただ初対面で花束を渡すというのは、タイミングが難しいものです。名刺交換の前か後か、それともミーティング後なのか。そしてどんな言葉を添えるのか。
「おめでとうございます」みたいな陳腐な言葉でいいのか、「君の瞳に乾杯」なのか、あえて「花言葉は『実直な闘牛士の休日』です」なのか――。
日常でも迷うことって多いですよね。そんな迷いの毎日の中心にあるこの日記、今週もスタートです。
 

「ムラタさん、『日記の書き方』って本は読みましたか?」

 先週の日記でお伝えすることをうっかり忘れてしまいましたが、現在「週刊ダイヤモンド」で『ロスジェネの逆襲』を連載中の池井戸潤さんが直木賞を受賞されました 連載していただいているダイヤモンド社の一員として、この偉業を大変うれしく思います。

 『果つる底なき』のストーリーにも鳥肌が立ちますが、個人的には『架空通貨』の展開に特にしびれました。直木賞受賞作『下町ロケット』はまだ手に取っていないのですが、是非読んでみたい一作です。

 さて、今週は新規でお会いできた方も多く、様々な刺激を受けた1週間になりました。これまでにない視点を持っていらっしゃる方とお話をさせていただくと、刺激と同時に自分の教養不足を感じてしまいます。

 直木賞作品を読んでいない自分にも反省ですが、最近特に思うことは、活躍されている方の多くはビジネス書や小説に限ることなく、マンガや映画、アニメといった非常に多様なジャンルのいわゆる「名作」に目を通しているということです。

 ふとした会話のなかで「ムラタさん、○○という本は読みましたか?」「○○ってアニメは面白いですよ」と教えていただくことがあります。せっかくの話題提供についていけない現状を残念に感じることもありつつ、話を聞かなければ絶対に手に取ることのなかった作品を知るという意味では楽しくもあります。

 社外に限らず、社内でもそういう場面は少なくありません。最近提出した企画が「もう一度練り直し」となった際にも、「そういえば『○○』という本はこんな構成だから参考に」と書籍名がスッと出てきます。私が出した企画内容がビジネスを扱ったジャンルでないにもかかわらず。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

    1985年東京都生まれ。2009年、ダイヤモンド社入社。以後2年間は営業部に所属。営業マンとして主に神奈川県、新潟県を担当。2011年春の人事異動にともない、書籍編集局第二編集部に配属。


    新人編集者ムラタの××日記

    2011年4月、ダイヤモンド社書籍編集局に大型新人が配属された。
    彼の名はムラタ。2009年入社から営業部で書店営業を担当してきた彼が、全く異なる職種である書籍編集の部署で、何をどう感じ、どんなふうに自分らしい仕事のしかたを見つけていくのか。
    本連載は、一人の若手編集者が様々な壁にぶちあたりながら成長していく過程を自ら日記形式でしたためていくものです(予定)。あたたかい目で見守っていただけましたら幸いです。

    「新人編集者ムラタの××日記」

    ⇒バックナンバー一覧