[モスクワ 26日 ロイター] - ロシアのペスコフ大統領報道官は26日、米ロ首脳による初の直接会談について、確定した予定は何もなく確かなことを言える段階ではないとの立場を示した。

ロシアのプーチン大統領と米国のトランプ大統領は、7月にドイツで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議の合間に会談するとみられている。

ペスコフ報道官は電話会見で「両首脳は同じ時間に同じ場所に滞在する。首脳会談が行われる可能性はある」と述べた。

その上で「G20首脳会議を待つことにしよう。残念ながら(会談について)これまでに確定した予定はない」と語った。