20170626docomo
ドコモが7月1日から提供を開始する外国人旅行者向けデータ通信プリペイドSIM「Japai Welcome SIM」

 ドコモは7月1日から、外国人旅行者向けのデータ通信専用プリペイドSIM「Japan Welcome SIM」の提供を開始する。利用期間は15日間で訪日前に専用サイトで申し込みの上、訪日時に空港内(羽田、成田、関西空港)や施設(ドコモショップ博多バスターミナル店)でSIMを受け取る。

 料金プランは3つ用意されており、無料の「プラン0」は訪日前に自国で広告動画閲覧やアンケート回答などを行なうことで、下り最大128kbps通信を無料かつ無制限に利用できる。利用にはdアカウントが必要で、プラン0は2017年10月ごろの提供開始を予定。なお利用開始に関してAPN設定は不要とのこと。

20170626docomo
20170626docomo
無料で無制限下り128kbpsの「プラン0」を使うには自国で広告動画閲覧などが必要。そのほかのプランでは閲覧で高速通信データ通信がチャージできる

 無料の「プラン0」以外のプランは、税別1000円で下り最大128kbps通信が無制限に利用できる「プラン1000」、下り最大682Mbpsの高速通信を500MB、無制限で128kbps通信を利用できる税別1700円の「プラン1700」の2つ。高速データ通信は広告閲覧などで相応の無料通信量をチャージできるほか、200円で100MB/700円で500MBの有料でのチャージも可能。

20170626docomo
Japan Welcome SIMの利用フロー
20170626docomo
サービスの概要

 Japan Welcome SIMの対象者は満20歳以上の訪日外国旅行者で、SIMは切り取り型で通常/micro/nanoに対応。対応バンドはLTEがバンド1/3/19/21/28で3Gがバンド1/6/19。

20170626docomo
ドコモビジネス基盤推進室室長の太口 努氏

 発表会にはドコモビジネス基盤推進室室長の太口 努氏が登壇し、Japan Welcome SIMの概要とパートナー企業との協業に関して解説した。

20170626docomo
インバウンド市場の予測
20170626docomo
パートナーと協業するビジネスモデル

 太口氏はインバウンド向け施策のB2Cで提供するSIMビジネスに関して「パートナー企業といっしょにこのビジネスを盛り上げていきたい。そしてこのビジネスでは広告が非常に重要。広告が増えるとユーザーが増えるという正のスパイラルを回していきたい」と語る。

20170626docomo
無料データチャージは広告閲覧などで行なう
20170626docomo
企業パートナーと提携
20170626docomo
20170626docomo
太口氏は「2020年の東京五輪までに100万ユーザー、できれば倍以上のユーザーを獲得したい」と語る
20170626docomo
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム グローバルビジネス本部長執行役員の菅沼 道彦氏

 続いて広告面を受け持つデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム グローバルビジネス本部長執行役員の菅沼 道彦氏が登壇。「訪日外国人に対してビジネスをしたいというニーズが非常に増えてきている」「訪日外国人旅行者のタッチポイントが非常に重要」とドコモとの協業の役割を語った。

20170626docomo
20170626docomo
東急ホテルズマーケティング部長の佐久間 智義氏

 宿泊プランにJapan Welcome SIMをオプション設定する東急ホテルズは、マーケティング部長の佐久間 智義氏が登壇。ビジネス参画の理由として「サービスを提供することで空港到着時にすぐ使えるSIMがもらえる。これは顧客への新たな価値の提供ではないか」と語る。

20170626docomo
20170626docomo
20170626docomo
ブッキング・ドットコム・ジャパン日本地区統括リージョナルマネージャーのアダム・ブラウンステイン氏

 最後に登壇したのはブッキング・ドットコム・ジャパン日本地区統括リージョナルマネージャーのアダム・ブラウンステイン氏。ブッキング・ドットコム・ジャパンは同社サイトにJapan Welcome SIMの案内を掲出するほか、アプリ経由のブッキング・ドットコムとの通信をカウントフリーにする。ブラウンステイン氏は「2012年に参入した当初は日本は32位と非常に小さいマーケットだったが、2015年には10位、2016年には8位になっている。日本はインバウンドにとって極めて重要なマーケット」と語る。

20170626docomo
20170626docomo

 広告を通じたビジネスパートナーとの協業拡大で今後パートナー間のビジネス領域がバッティングした場合に関して、ドコモの太口氏は「基本的なスタンスは、我々が目指す考え方に共感いただくパートナーがいたら排除するものではない。ただし今回はファーストパートナーのご理解は非常に高い。もし宿泊業界でバッティングが生まれる場合は影響を検討してパートナーと相談のうえ、そのつど判断していく」とコメントした。