ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
気になるあの本を読んでみた!ベストセラー目のつけどころ
【第32回】 2017年7月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
斎藤哲也

読んだ人の人生を一変させる1冊
本書の刊行は「暴挙」である。

1
nextpage

先ごろ発表された「ビジネス書大賞2017」や「ビジネス書グランプリ」にもノミネートされ、すでに5万部を売り上げている『いま世界の哲学者が考えていること』。同じく哲学書分野で異例の10万部を売り上げた話題のベストセラー『哲学用語図鑑』の編集者、斎藤哲也氏が本書を解説!

 

本書の刊行は「暴挙」である。

 とんでもなく込み入った議論を展開している現代の哲学者たちの思想のエッセンスを取り出し、それらをトピックごとに配置して、一般読者にも理解できる平易な言葉で解説する。

 対象は「世界の哲学者」なのだから、高い咀嚼力だけでなく、広範な目配りも必要だ。そんな厄介な仕事を、誰が好んで引き受けるだろうか。

 しかもプラトン、デカルト、ニーチェといったビッグネームと違い、本書には、一般読者が知っているような名前はほとんどない。

 恥ずかしながら、その界隈で編集やライターの仕事をしている私だって、知らない哲学者がけっこういた。

 おそらく本書に登場する哲学者の翻訳書は、5000部も売れれば大ヒットだろう。そんな哲学者たちの議論を紹介する本が、ビジネス書の出版社から発刊されたというのだから、暴挙にも程がある。

 が、なんと、そんな本書が5万部以上売れているという。これはほとんど「事件」といっても過言ではない。たしかに『いま世界の哲学者が考えていること』というタイトルは上手いけれど、それだけで5万部も売れるとは思えない。

『いま世界の哲学者が考えていること』
岡本裕一朗・著 ダイヤモンド社・刊
定価:1600円(税抜)全国書店で発売中!

 では、本書ヒットの理由は何か。おそらくは、哲学者の高度に抽象的な議論と、現代の具体的な課題とを絶妙にマッチングした解説にあるのではないだろうか。

 たとえば、序章と第1章では、現代が歴史的に大きな転換点に立っていることが繰り返し強調されている。

<哲学にとって「今」というこの時代が重要であるのは、単なる一般論ではなく、特別な理由にもとづきます。それは、現代(今)というこの時代が、歴史的に大きな転換点に立っているからです。しかも、この「歴史的転換」は、数十年単位の出来事ではなく、数世紀単位の転換に他ならないのです>

 この歴史的転換と呼応するように、哲学の世界にも新たな潮流が生まれている。本書ではそれを「自然主義的転回」「メディア・技術論的転回」「実在論的転回」という三つの目立った潮流として整理している。

 こうした潮流は、心を科学的に解明しようとする認知科学や脳科学、神経科学、進化心理学の急速な進展とも密接にかかわっている。現代の哲学者たちは、科学やテクノロジーと緊張関係を保ちながら、新たな思想を生み出そうとしているのだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
チームの生産性をあげる。

チームの生産性をあげる。

沢渡あまね 著

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
どんな職場でも働き方は変えられる!人気の業務改善士が教える、仕事の進め方を変えて、アウトプットを最大化する8ステップ。日本マイクロソフト、ヤフー、日本旅行、ナムコ、NTTデータ、大阪王将、ジヤトコ…他、企業事例多数!「働き方改革」実践書の決定版!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/2~7/8)



斎藤哲也(さいとう・てつや) 1971年生まれ。編集者・ライター。 哲学・思想から経済・ビジネスまで、幅広い分野の書籍の編集や構成を手がけるとともに、書評・ブックレビューなども執筆。●万部を売り上げた『哲学用語図鑑』の第二弾、『続・哲学用語図鑑 ―中国・日本・英米(分析哲学)編』(ともにプレジデント社)も現在発売中。

気になるあの本を読んでみた!ベストセラー目のつけどころ

今、巷で話題になっている本、売れている本、気になっている本をさくっと一気読みしてみました。そこでわかったベストセラーの理由とは。これさえ読めば、流行り本のすべてがわかる!

「気になるあの本を読んでみた!ベストセラー目のつけどころ」

⇒バックナンバー一覧