[東京 27日 ロイター] - 野村ホールディングス<8604.T>は27日、英国の欧州連合(EU)離脱後の対応として、フランクフルトに新会社を設立し、証券業の認可申請を始めたと発表した。

野村はパリ、ルクセンブルグなども候補として検討してきたが、ドイツについては「経済規模からも有力な候補の1つ」と位置づけていた。

(江本恵美)