[ロンドン 27日 ロイター] - 市場調査会社カンター・ワールドパネルが27日公表したデータによると、英スーパーマーケットの売上高が6月18日までの12週間で前年比5.0%増と、5年ぶりの大幅増となった。

前年同期の売り上げが不振だったことや、食料品価格が3.2%上昇と、5月の2.9%上昇から伸びが加速したのが主因。

最大手テスコ<TSCO.L>が3.5%増、 セインズベリー<SBRY.L>が 3.1%増、米ウォルマート傘下のアズダ<WMT.N>が2.2%増、モリソンズ<MRW.L>が3.7%増だった。