[ロンドン 27日 ロイター] - 英産業連盟(CBI)が発表した6月の小売売上高指数はプラス12で、ロイターがまとめたエコノミスト予想のプラス2を大きく上回った。

4カ月ぶり低水準を記録した5月のプラス2も上回った。

一方、7月の見通しを示す指数はプラス3に低下し、9月以来の低水準となった。

CBIのエコノミスト、アナ・リーチ氏は「夏が始まり、客足も伸び売上高は小幅ながら増加している」と指摘。ただ、小売り各社は短期的な見通しには明らかに慎重になっている、と説明した。

CBIは、6月の売上高は、通常の季節的な動きと一致しているとの見方を示した。