[東京 28日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比75円89銭安の2万0149円20銭となり、反落して始まった。為替は1ドル112円台を付けているが、前日の米株安を嫌気した売りが先行した。ただ、売り一巡後は下げ幅を縮め、主力輸出株や金融株の一角はしっかりとした値動きとなっている。

セクター別では、鉄鋼、銀行、保険が上昇率の上位。半面、ゴム、サービス、食料品が弱含み。