[フランクフルト 28日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が28日公表したデータによると、5月のユーロ圏の銀行融資は家計向けが金融危機後で最大の伸びを記録した。一方、マネーサプライM3伸び率はわずかに加速した。

家計向け融資の伸び率は2.6%で、前月の2.4%から加速、2009年3月以来の高水準となった。

伸び率は危機前の水準の半分に満たないものの、ECBの低利資金が実体経済に流れ込んでいることを示している。

企業向け融資の伸び率は2.4%で前月から変わらずだった。

マネーサプライM3伸び率は前年比5.0%で4月の4.9%からやや加速、ロイターがまとめた市場予想と一致した。