[ワシントン 28日 ロイター] - トランプ米大統領は29、30日に予定される韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との初会談で、両国間の貿易不均衡を是正するよう求める見通し。米ホワイトハウスの当局者が明らかにした。

会談では北朝鮮の核・ミサイル開発阻止に向けた取り組みが主要議題となるが、米当局者は記者団に対し、トランプ氏が韓国向け自動車輸出に関する貿易障壁や韓国経由で米国に渡る中国製鉄鋼について懸念を示す見通しだと明かした。

トランプ氏は4月に行われたロイターとのインタビューで、発効から5年を迎える米韓自由貿易協定(KORUS)は「ひどい協定」で「受け入れられない」と批判し、米国は同協定を再交渉もしくは停止すると語っている。

ただ、同当局者は、今回の会談で通商関係については「友好的で率直な話し合い」になるとの見方を示した。