[東京 29日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比130円46銭高の2万0260円87銭となり、反発して始まった。前日の米国株上昇を支援材料に、主力株が買い優勢となっている。

TOPIXとJPX日経400<.JPXNK400>は年初来高値を更新した。銀行株が堅調なほか、ハイテク関連もしっかり。半面、小売、食品は弱含みで推移している。