[オタワ 28日 ロイター] - カナダ最高裁は28日、インターネット検索サイト「グーグル」に表示された国内テクノロジー企業に関する検索結果の削除を命じた下級審判決について、国内だけでなく全世界のグーグルに適用可能との判断を示した。

この問題は、ネットワーク機器製造の国内小規模企業エクーステック・ソリューションズが販売代理店データリンク・テクノロジーズ・ゲートウェイズについて、エクーステックの製品ラベルを変えて自社製品に見せかけてネットで販売するとともに、企業秘密を入手して競合品を製造したと訴えたことが発端。

エクーステックは2012年に米アルファベット傘下グーグル<GOOGL.O>に対し、問題が解決するまでデータリンクの検索結果を削除するよう要請。グーグルはデータリンク関連の300ページ以上を削除したが、カナダ版グーグルのみで実施した。

これを受けてカナダのブリティッシュコロンビア州最高裁はグーグルに対し、どの国でもデータリンクのウェブサイトを示す検索結果を削除するよう命じたが、グーグルはカナダ最高裁に上訴し、この命令を世界中に広げる必要性はなく、表現の自由について懸念が生じると主張していた。

最高裁は判決で「インターネットには国境がなく、全世界で存在する」と指摘。「削除命令の有効性を確保するには、グーグルが事業を展開する全ての場所、つまり全世界に適用することが必要」とした。

判決についてグーグルはこれまでのところコメント要請に応じていない。