ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

マネー初心者と債券投資

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第188回】 2011年8月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 債券は、多くの場合金利が年率○.○%と決まっていることもあり、一見、親しみやすい投資対象だ。最近では、金利全般が低いなかで少しでも有利な金利を求める投資家を目当てに、事業会社の社債、外国政府の国債、銀行の劣後債などの円建て債券が、個人投資家に向けて販売されており、なかなかの人気になっている。債券は慎重なマネー初心者に適した投資対象のように思えるかもしれないが、どうなのか。

 筆者は、国債以外の債券を、個人投資家が適切に評価し、資金運用の対象とすることはかなり難しいと考えている。率直にいって、一般の債券は、現状ではマネー初心者には難しいし、上級者はわかっているがゆえに手を出さないはずで、個人投資家全般にとって不適当な投資対象だ。

 債券について知るべき基礎知識は、①金利と債券価格の関係、②金利に関する条件の損得、③信用リスクの3点だろう。これらは、債券投資をしない場合でも、経済常識として知っておきたい。

 金利と債券価格の関係は、「世の中の金利が上昇すると、債券価格は下落する」ことと「金利の変動に伴う債券価格の変動は債券の残存期間が長いほど大きい」ことの二つがポイントだ。

 たとえば、表面利率(クーポン)2%の債券は、その発行後に世の中の金利が1%になれば得な条件の投資対象になるし、逆に世の中の金利が3%になれば損な条件だと見なされる。前者では債券価格が上がり、後者では債券価格が下がる。そして、固定されたクーポンを払ってもらう投資家にとっての損得の変動は、債券の満期までの期間が長くなるほど大きくなる。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧