[ニューヨーク 29日 ロイター] - 米金融・債券市場で、10年物のブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)が2週間ぶりの水準に上昇した。米石油生産量の減少を好感した原油価格の値上がりに追随している。

トレードウェブによると、米東部時間午前9時15分(日本時間午後10時15分)時点で、10年物BEIは前日から2ベーシスポイント(bp)上昇の1.77%。一時は6月13日以来の高水準となる1.78%をつけた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)