[ロンドン 29日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は29日、次の金融危機を完全に回避するルールは存在せず、政策当局者らに警戒し続ける必要性を訴えた。

ロンドンのイベント会場で記者団に語った。同氏は「たとえ規制制度が良く整っていても、次の危機は前回と異なるほかの経路を経て進展する傾向がある」と述べた。

政策当局者らは新たな脅威が出現し、金融危機に発展する可能性に目を光らせることが適切と語った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)