[ワシントン 29日 ロイター] - 中国の崔天凱駐米大使は29日、米国による台湾への武器売却や中国企業への制裁決定が米中関係を損ない、トランプ大統領と習近平国家主席が首脳会談で確認した考え方にも逆行するとの見解を示した。

ワシントンの大使館イベントで記者団に語った。