[上海 30日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は30日、オペ(公開市場操作)を見送ると発表した。見送りは6営業日連続。

人民銀行は声明で「月末を前にリバースレポの満期到来に対応するための支出が一段と増加し、銀行システム全体の流動性は比較的高い水準にとどまっている」との見方を示した。

今週は、リバースレポの満期到来で差し引き3300億元(486億4000万ドル)の資金吸収。吸収額は2月初め以来の大きさとなる。

前週は差し引き600億元の吸収だった。