[ブリュッセル 29日 ロイター] - 欧州連合(EU)とカナダが調印した「包括的経済・貿易協定(CETA)」の発効が、チーズと医薬品を巡る対立が足かせとなり遅れている。

EUとカナダの双方は、保護主義が広がる中で市場開放を掲げる画期的協定としてCETAを支持し、7月1日の発効を希望している。ただ、カナダがCETAによってEU産チーズの輸入枠を1万7700トン拡大し、EUで開発された医薬品について特許保証を与える点について、EUは不十分との認識にある。

カナダはCETAの発効をできる限り急ぎたい考えだが、EUはこうした問題の解決前に発効させることに消極的だ。

ユンケル欧州委員長は29日、ベルリンで行われた記者会見で「暫定発効が可能なところまで調整を進めている。問題がいくつかあるが、数日内に解決する」と語った。