[東京 30日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反落した。取引時間中では6月19日以来9営業日ぶりに2万円を割り込んだが、終値では大台割れを回避した。前日の米国市場はハイテク株を中心に急落、為替も1ドル111円台後半とやや円高気味に推移し、売りが先行した。値がさ株や半導体関連株の下落の影響で一時270円超安となった。ただ、25日移動平均線(2万0000円59銭=30日)を割れた水準では押し目買いが入り、前場後半以降は下げ渋った。

TOPIXも反落。東証33業種中、鉱業、鉄鋼、保険を除く30業種が下落した。下落率トップはその他製品。水産・農林、食料品がこれに続いた。

7月2日には東京都議選の投開票が予定されている。小池百合子都知事率いる「都民ファーストの会」が都議会定数の過半数を獲得する勢いを見せる一方、自民党は現状から議席数を大幅に減らすと一部で報じられている。稲田朋美防衛相の自衛隊の政治利用とも受け取れる発言に批判が集まるなど、自民党に逆風が吹いている。

UBS証券ウェルス・マネジメント本部ジャパン・エクイティ・リサーチ・ヘッドの居林通氏は「都議選の影響などで安倍内閣の支持率が30%台に落ちると、次の総選挙はいつなのか、消費税の引き上げどうなるのか、黒田日銀総裁の再任はなくなるのでは、など政治発の懸念が出てこなくもない」と話している。

個別銘柄では、クスリのアオキHD<3549.T>が大幅続伸し、年初来高値を更新した。同社が29日に公表した2018年5月期の連結業績予想は営業利益が前年比2.3%増の109億2200万円となった。新規出店や既存店の全面改装、品揃えの見直しなどが貢献するという。堅調な業績見通しを好感した買いが入った。

半面、任天堂<7974.T>、グリー<3632.T>、スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684.T>などゲーム関連株が軒並み下落。主力輸出株が伸び悩むなか材料株として物色されてきたが、きょうは利益確定売りに押された。

東証1部の騰落数は、値上がり490銘柄に対し、値下がりが1409銘柄、変わらずが123銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      20033.43 -186.87

寄り付き    20025.63

安値/高値   19946.51─20044.01

TOPIX<.TOPX>

終値       1611.9 -12.17

寄り付き     1611.08

安値/高値    1604.82─1612.51

東証出来高(万株) 196897

東証売買代金(億円) 26024.12

(辻茉莉花)