6月30日、「雲一つない青空」ともいえる好調が続いてきた国内生産に「薄雲」がかかってきた。生産に比べて足元で出荷の勢いが弱く、在庫が積み上がりつつあることから、生産のピークがそう遠くない時期に到来すると懸念する見方も浮上している。写真は横浜で5月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] - 「雲一つない青空」ともいえる好調が続いてきた国内生産に「薄雲」がかかってきた。生産に比べて足元で出荷の勢いが弱く、在庫が積み上がりつつあることから、生産のピークがそう遠くない時期に到来すると懸念する見方も浮上している。背景には米国販売の鈍化が鮮明になってきた自動車の「減速」傾向があり、在庫循環図が示す在庫調整リスクの高まりとともに、景気のリード役である生産をめぐる先行きに慎重さも必要との指摘が出ている。

「死角なし」から一転、在庫調整リスク

「生産の峠が視野に入ってきたのかなという気もする」──。経済産業省幹部は5月の鉱工業在庫循環図の解説で、生産のピークが近いとの見通しを示した。生産増加の勢いに比べ出荷がやや鈍く、在庫積み増しペースが速いためだ。

 一見すると、今のところ生産に死角はないようにも見える。5月は前月の反動減が色濃く出たものの、6月予測指数を前提とすると、4─6月期は前期比2%程度の大幅増産も見込める。

 それでも経産省幹部が弱気とも取れる表現を使う背景には、楽観ばかりしていられない数字もあるからだ。

 6月予測の上昇は、5月が下振れたためであり、水準はむしろ前月段階での見通しより低い。7月の予測指数はほぼ横ばいにとどまり、8月以降、再び増加基調に戻るのか、不透明だ。