20170630docomo

 ドコモは6月30日、「ドコモショップ丸の内店」をドコモ初の旗艦店としてリニューアルオープンした。フロア面積は約2.2倍に拡大し、スマホと連携するさまざまなIoTデバイスを体験できるスペースを用意。ドコモショップでは都内で最大の面積となる。

 店内にはモバイルライフ体験コーナーとして「PHOTO&MOVIE」「SPORTS&HEALTH CARE」「MUSIC」「HOME&LIFESTYLE」を設置して、ジャンルごとの各種IoTデバイスを展示。展示内容を入れ替える入り口正面のポップアップコーナーには初回はアウトドアをテーマに、スマホで操縦可能なドローンなどを展示する。

20170630docomo
20170630docomo
20170630docomo
20170630docomo
ジャンルごとの注目IoTデバイスなどが展示される

 入り口正面のエントランスドームにはポインコが投影され、ユーザーを出迎えつつ旬の情報を発信。さらに展示端末のスペックや価格などはデジタルサイネージ化。受付カウンターにはハンディキャップをもつユーザーのための「ハーティプラザ」のほか直接各種手続きまで行なえる相談テーブルを設置するほか、落ち着いた雰囲気のウェイティングスペースとチャイルドスペースも用意される。

20170630docomo
エントランスドームでポインコがお出迎え
20170630docomo
入り口正面のポップアップコーナー
20170630docomo
20170630docomo
受付カウンターには直接各種手続きが行なえる相談テーブルを用意
20170630docomo
20170630docomo
20170630docomo
「ハーティプラザ」やウェイティングスペース、チャイルドスペースも用意

 リニューアルオープンの内覧会にはドコモ執行役員販売部長の高本 寛氏が登壇。「ドコモショップはユーザーとの接点であることには変わりないが、その役割も時代とともに変わりつつある」とコメント。ジャンル別のIoTデバイス展示やイベントスペースを用意する丸の内店に関しては「ショップの新しい取り組みを模索し、トライアルしていく」と語り、旗艦店の丸の内店での取り組みを全国約2400のドコモショップに導入していく構え。

20170630docomo
ドコモ執行役員販売部長の高本 寛氏

 オープニングキャンペーンとしてドコモショップ丸の内店に来店し、ダウンロード済みのdポイントクラブアプリを提示もしくはその場でダウンロードしたユーザーに、ポインコぬいぐるみ(小)兄と(小)弟をセットで先着1000名にプレゼント。キャンペーンはドコモ以外のユーザーも利用可能だ。