着脱式のキーボードを標準装備した、2-in-1仕様のWindows 10タブレット「MT-WN1003」がマウスコンピューターから発売。mouse computer秋葉原ダイレクトショップにて、3万9800円(税抜)で店頭販売中だ。

マウス
マウス
マウスコンピューターから、タブレットとノートPCの2-Wayで使えるWindowsタブ「MT-WN1003」が発売。価格は税抜4万円切りと安い

 Windows 10 Home(32bit)を搭載した2-in-1仕様のタブレットで、税抜4万円切りと安価ながら、Office Mobile & Office 365サービス付き。さらに24時間365日の電話サポートなど、国内メーカーらしい手厚いサポートも魅力だ。

 主な仕様は、ディスプレーは1280×800ドットの10.1型IPS液晶を採用、プロセッサーはAtom x5-Z8350、メモリー2GB、ストレージ64GBなど。キーボードはドックコネクターで接続する着脱式で、スタンド機能付きのカバーと一体化している。

マウス
マウス
タブレットとキーボードは、マグネット式のドックコネクターでガッチリ合体、取り外しも容易だ
マウス
マウス
キーピッチも広く、打ちやすい日本語キーボードを採用。インターフェースは、USB3.0ポートやmicroSDスロットなどを備えている

 そのほか、192万画素のカメラを備え、インターフェースはmicroSDスロット、USB3.0、microUSB、miniHDMIなどを実装。ネットワークはBluetooth 4.2とIEEE 802.11acの無線LANをサポートしている。

 本体サイズは幅259.5×奥行き174×高さ10mmで、重さは約593g(キーボード込みで約916g)。メーカー保証は1年間だ。