Facebookユーザーは、友人とメッセンジャー機能でやりとりしていることだろう。手軽だし、スマホでもPCでも利用できる。もちろん、チャットをするだけなら、あえて説明するまでもなく迷わず使えるだろうが、じつは「Messenger」アプリにはあまり知られていない機能がたくさんある。今回は、「Messenger」アプリの小ネタをまとめて紹介する。

255
Facebook Messengerアプリの活用術をマスターしよう!

「Messenger」アプリとは!?

 2014年7月、Facebookアプリから「Messenger」機能が切り離され、単独のアプリになった。あまりにもやりとりされるメッセージが多いので、Facebookを無理矢理経由させず、直接利用できるようにという考えだ。

 画面下には「ホーム」「通話」「カメラ」「友達」「ゲーム」の5つのボタンがある。「友達」を選んだり、「メッセージ」タブのメッセージ履歴からやりとりを開き、チャットができる。この操作は難しいことはない。

 「通話」では、ネット電話を無料でかけられる。お互いに通信環境が良好であれば、十分な音質とレスポンスで会話できる。ただし、通信速度が確保されないと、途切れたりしてしまうこともある。

255
ホーム画面。ここの履歴や右上の新規作成ボタンをタップしメッセージを送受信する
255
宛先を選ぶ。名前の一部から検索することも可能
255
チャットできる

実はFacebookのアカウントがなくても使える「Messenger」

255

Messenger(iPhone版はこちら

作者:Facebook, Inc.
価格:無料



その1 Facebookアカウントを持っていなくても利用できる

 元はFacebookメッセージなのだが、現在はFacebookアカウントを持っていなくても利用できる。「Messenger」アプリを最初に起動した時に、「Facebookアカウントを持っていない」にチェックして、SMSでコードを受け取って登録できる。

255
初回起動時に、「Facebookアカウントを持っていない」にチェックする
255
SMSで届いたコードを入力する
255
他のユーザーとメッセージをやりとりできる

その2 アカウントを追加・切り替える方法

 「Messenger」アプリからはログアウトすることはできない。どうしてもログアウトしたいなら、アプリを削除して再インストールする必要がある。

 しかし、他のユーザーアカウントで利用したい、ということであれば、設定の「アカウントを切り替える」を利用すればいい。パスワード要求の有無も選択できるので、家族でひとつの端末を共有している場合などに活用できる。

255
「パーソナル」の「アカウントを切り替える」をタップする
255
右上の+をタップし、ユーザーを追加する
255
ユーザーを切り替えられた
255
ユーザー切り替え時に、サインインのパスワードを求めるかどうかを選べる

その3 グループを作ってオンラインミーティングできる

 簡単な打ち合わせや予定のすりあわせなどは、グループ機能を利用しよう。さくっとグループを作って、招待したい人を選ぶだけ。これで、いつものチャットのような操作で、複数人と同時にコミュニケーションできるようになる。

255
「グループ」タブの右上の新規作成ボタンをタップする
255
グループ名や招待するユーザーを指定する
255
複数ユーザーでチャットできる
255
お知らせのオンオフやそれぞれのユーザーのニックネームを付けたり、配色などを変更できる

その4 イベントを共有したり、アンケートを取ったりできる

 グループのメンバーに手軽にアンケートを取ることができる。たとえば、日付を列挙して会議の日をすりあわせたり、何かを決める際に多数決を取ったりできる。「+」から「アンケート」をタップし、項目を入力するだけでOK。作成した人も投票でき、投票内容は変更できるが重複投票はできないので、不正もできない。

 ミーティングやオフ会といったグループのイベントがある場合は、「プラン」という機能を利用する。日時や場所、件名などを入力しておくと、簡単に全員と共有できる。さらに、1時間前にはリマインドされるので、うっかり忘れてしまうことも防げる。

255
「+」から「アンケート」をタップする
255
質問と選択肢を入力して「送信」をタップする
255
これは他のメンバーの画面。選択肢を選んで「投票する」をタップする
255
アンケート結果がリアルタイムに表示される
255
「+」から「プラン」をタップして日時や情報を入力する
255
グループに投稿され、1時間前にリマインドが出るようになる

その5 個別のメッセージに「いいね!」を付けられる

 2017年3月に搭載された「Message Reactions」で、メッセージに「いいね!」や笑、泣などを表す顔文字を付けられるようになった。メッセージの「いいね!」をワンタップするだけだと乱暴に思われそうなら、投稿そのものに「いいね!」する手もある。

 やり方は簡単。投稿を長押しして、ポップアップする選択したから絵文字をタップすればいい。

255
投稿を長押しすると絵文字がポップアップするので選択する。画像だけでなく、文字やプランでもOK
255
大きくアニメーションが表示される
255
他の人も絵文字を付けた状態
255
タップすると誰が何を付けたのかが一覧表示される

その6 「Messenger」アプリでメンションを送る

 「Message Reactions」と一緒に「Mentions」機能も追加された。「@」を入力すると、ユーザーの選択画面が開き、特定ユーザーに向けてメッセージを書き込めるようになる。もちろん、グループであれば他の人も閲覧できるが、ユーザー名は青く強調して表示されるのでわかりやすい。また、メンションで指定されたユーザーには、通常の通知とは異なるサウンドで通知される。

255
「@」と入力してユーザーを選択する
255
メンションを送られた方には、いつもと違う通知が届く
255
自分の名前が強調表示されて目立っている

その7 リアルタイムに自分のいる位置を送信し続けられる

 人との待ち合わせで、お互いがどこにいるのかわからないことがある。そんな時、地図をキャプチャして送信するワザがあるが、「Messenger」アプリなら「Live Location」機能が便利。現在位置を相手に通知するだけでなく、最大60分間リアルタイムに場所をトレースできるのだ。

 お互いが機能をオンにすると地図上にアイコンが表示される。これで「今どこ?」などと会話するまでもなく、出会うことができるだろう。

255
「+」から「位置情報」を送信する
255
地図をタップすると相手の位置がわかる。自分も「リアルタイム位置情報をシェア」をタップすると相手に場所を通知できる

その8 オンライン情報を教えたくない

 「友達」の「オンライン」タブでは、Facebookにサインインしているユーザーを一覧表示できる。しかし、この情報はあまり公開しても意味がないし、下手をすると仕事をしていないと思われかねない。気になるならオフにすることもできる。もちろん、オフにしてもメッセージはやりとりできる。

255
「友達」の「オンライン」タブのトグルボタンをオフにする
255
これでオンライン表示されなくなった

その9 村上 隆氏の代表キャラクターが
カメラエフェクトに登場

 「Messenger」アプリの中央のボタンはカメラ。写真を撮って即送信できるのだが、2017年6月18日にシカゴ現代美術館とタイアップしたエフェクトが発表された。村上 隆氏のキャラクター「Mr.DOB」や「ピンクオクトパス」「スマイリングデイジー」のキャラクターを付けられるようになっている。

255
カメラを起動するとエフェクトが選べる
255
「ピンクオクトパス」を選んで撮影した写真

 以上が「Messenger」アプリを活用する9つの技となる。単にテキストチャットするだけのツールではないので、ぜひ活用してほしい。