Jabraの「Elite Sport」は、心拍センサーを内蔵したトゥルーワイヤレスイヤフォンという変わり種。しかし、スポーツモデルとして機能的に充実しているだけでなく、再生音のバランスの良さも大きな魅力だ。

3万円で心拍センサー付き完全ワイヤレスイヤフォンは音もバランスよい

 価格はe☆イヤホンで3万2800円。それなりに高価な製品だが、1ヵ月ほど使ってみて、それに見合うだけの価値は十分にあると感じた。今回はまずElite Sportの機能と音質についてご報告したいと思う。

沈めてOKの防水性能(一定条件下なら)

 Jabraはデンマークに本拠を置くGN Store Nordグループのブランド。GN Store Nordは、世界初の海底ケーブルを敷設し、日本にも明治維新の3年後に電信線を開通させたかつての大北電信会社(The Great Northern Telegraph Company)だ。現在は傘下に補聴器メーカーのReSoundも擁し、Bluetoothヘッドセットやイヤフォン、補聴器といった音響通信機器を中心に開発している。

 Elite Sportは、同ブランドとして初のトゥルーワイヤレスイヤフォンでありながら、さすがに老舗だけあってBluetooth周りの使い勝手や、通話用のマイクを4つ内蔵して通話品質を確保するなど、ヘッドセットとしての機能にも手抜かりがない。

 イヤフォン本体は保護等級IP67準拠の防塵・防水性能を持つ。粉塵が内部に侵入しない耐塵形で、かつ一時的に一定の水深に沈めても内部に浸水しない防浸形。具体的には、30分までなら水深1mまで潜水しても大丈夫。通常の利用なら耐水性能が問題になることはないだろう。メーカーでは3年間の耐汗性保証を付けて売っている。

3万円で心拍センサー付き完全ワイヤレスイヤフォンは音もバランスよい

質感の高い充電ケースと本体

 イヤフォン本体、付属の充電ケースともにマット仕上げで、樹脂製ながら質感は高い。特に充電ケースは、手にした感触、フタの開閉トルクの設定なども含め、安っぽさを感じさせない。

 同種のイヤフォンでは、充電ケースと本体を磁石で吸着させるものがよく見られるが、この製品には本体とケースを固定させる仕掛けがない。そのためケースのフタを開く場合は、かならず水平にして開けないと、本体がこぼれ落ちる。そこは気を付けたい。

 フルチャージしたイヤフォンの連続再生時間は最高3時間。充電ケースには、このイヤフォンを2回充電するだけのバッテリーを内蔵している。

3万円で心拍センサー付き完全ワイヤレスイヤフォンは音もバランスよい

 左右のイヤフォンは形状的にも機能的にも別々のもので、区別もつきやすい。右ユニットはスマートフォンと直接接続するプライマリ側で、ボタンは“◯”と“●”。左ユニットは“+”と“-”というように、側面の操作ボタンも別個の機能が振り分けてある。

 電源のオンオフはイヤフォン本体のボタンでも操作できるが、充電ケースのフタを開けてイヤフォンを取り出すと電源が入る仕組み。右ユニットとスマートフォンのペアリングを済ませておけば、ケースから右ユニットを取り出しただけでスマートフォンと接続する。左ユニットも取り出すとステレオペアが成立する。

強力なEQと「ヘッドホンを探す」機能

 便利な機能としては「ヒアスルー」機能がある。カナル型イヤフォンは、しっかりフィッティングすると高い遮音効果が得られる反面、着脱が面倒。そこでヘッドセット用のマイクを使って外部の音をモニターするのが、ヒアスルー機能。イヤフォンを外さずに人と会話ができる。

 もうひとつイヤフォンを使うに当たって、iOS/Android用アプリ「Jabra Sport Life」をインストールしておいたほうがいい。アプリは各種トレーニングのコーチングなど心拍センサーのユーザー向けの機能がメインだが、イヤフォン本体に係る機能もいくつかある。

 ひとつは音楽用の「基本のイコライザー」と「高度なイコライザー」。5バンド式ながら扱いやすいデザインで、まずは基本のイコライザーを左右に回して、ざっくり設定。インターフェースとしてはワンノブタイプだが、バックグラウンドでは5バンドEQのパラメーターと連動して、複雑なEQカーブを作ってくれる。

3万円で心拍センサー付き完全ワイヤレスイヤフォンは音もバランスよい
右に回すほどブライト、左に回すほどダークになる「基本のイコライザー」。ワンノブ式だが、単なるハイパスEQではなく、後述する5バンドEQと連動している
3万円で心拍センサー付き完全ワイヤレスイヤフォンは音もバランスよい
「高度なイコライザー」は5バンドEQ。先の「基本のイコライザー」での設定が反映されるので、そのカーブの微調整にも使える

 ヘッドセットとして使う場合は「側音」という機能もある。自分の声をイヤフォンの音声に少しミックスする機能で、カナル型イヤフォンのヘッドセットの場合、自分の声も聞き取りにくくなってしまうため、つい大きな声で話してしまうが、それを防ぐことができる。

 またAppleのAirPodsなどでもおなじみ「ヘッドホンを探す」機能もある。機能的にはAppleのものと同じで、最後にスマートフォンと接続した場所を覚えていて、地図上に表示する機能だ。アプリ上の「♪」アイコンを押すことで、イヤフォンから音を鳴らすこともできる。

3万円で心拍センサー付き完全ワイヤレスイヤフォンは音もバランスよい

スポーツモデルには思えない再生音のバランス

 イヤフォンとしての音質は、端的に言って1万円台半ばから後半にかけての、ボリュームゾーンの製品と比べても遜色ないものだった。特に弾力感のある低域や、中音域の厚みは、この機種ならではのものがあるように感じた。

 スポーツモデルということから、ベースやキックの音圧感で押す、ダンサブルな音楽に特化した音作りをついイメージしてしまうが、そこからはかなり遠いところにある。

 温かみのあるリッチなボーカルや、管楽器のリード音や息遣いなど、ジャズ系の音場感もかなりリアルに再生する。イヤフォンやヘッドフォンというより、よくできた小口径のスピーカーのような鳴りっぷりは、かなり楽しめる。

 イヤフォンに使われているドライバーの口径や音声コーデックなどは明らかにされていないが、ノイズレベルは十分に低く、オーディオのドロップや、トゥルーワイヤレスイヤフォンでありがちな定位の不安定さも、ほとんど感じられず、よい印象を後押ししている。

 惜しいのは動画再生時の音声のズレが若干気になること。この点でMV鑑賞向きとは言いにくいが、ほかの性能や機能を考えると、大きな問題ではないかもしれない。

 もちろん3万円のトゥルーワイヤレスイヤフォンとして考えると、もっと再現力に特化した機種も存在するはずだ。しかし、Elite Sportの場合は、心拍センサーと強力な防塵防水性能が付いてくるということで割り切りたい。タフなスポーツモデル、しかもトゥルーワイヤレスでありながら、ここまで再生音のバランスがとれたイヤフォンというのも珍しいと思う。

 このモデルのもう一方の側面、というよりも主たる機能である、心拍センサー周りの使い勝手やフィッティングなどについては、また改めてご報告したいと思う。