スターティアのスターティアラボは、上海の印刷大手4社と協同で中国におけるARサービス「COCOAR」の拡販を目的とした会社の設立に合意した。

VR4
スターティアラボ

 同社のARサービスCOCOARは、日本の印刷業を中心に1300社以上で導入されており、商品パッケージの印刷にARを付与するなど、印刷物の付加価値を高めるツールとして活用されている。

 また、上海においても2015年からサービスを販売しており、中国の印刷会社への提案も進めてきた。

 中国の印刷会社数はおよそ6.7万社、出荷額は13.3兆円といわれているほか、印刷市場の75%はパッケージ印刷と商品のラッピング印刷が占めているという。

 以上から中国の印刷市場においてもARの普及が見込めると同社は判断。中国におけるCOCOARの拡販をしていくために、現地の印刷企業とともに合弁会社である上海巨现智能科技有限公司を設立。中国市場に合わせた新しいARブランド「FindAR」を販売していく。

 同合弁企業は、2019年度にはFindARの導入社数300社を目指している。