[東京 4日 ロイター] - 菅義偉官房長官は4日、北朝鮮が午前9時39分ごろ、北朝鮮西岸より弾道ミサイルを発射したと発表した。弾道ミサイルは約40分飛翔し、日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられるという。現時点で船舶や航空機への被害は確認されていない。

菅官房長官は、北朝鮮の度重なる挑発行為は断じて容認できず、「北朝鮮に対し厳重に抗議を行い、強く非難した」と語った。

(石田仁志)