[ワシントン 3日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は3日、ロンドンで家族と休暇を過ごしていたイエレン議長(70)が前週末に尿路感染症のため入院していたことを明らかにした。

FRBは声明で「議長は6月30日に入院し、7月3日に退院した」とした上で「議長はワシントンに戻るところで、今週予定通り公務を再開する」と述べた。

議長は6月27日、ロンドンでの会合に出席していた。

病状がどの程度深刻だったかは不明。

イエレン議長は2015年、講演時に体調を崩したことがあり、FRBは議長が1時間近く話した後、脱水症状に陥ったように感じたと説明していた。今回の入院との関連性を示すものはない。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)