[ワシントン 3日 ロイター] - 米太平洋軍は3日、北朝鮮が発射したミサイル1発は地上発射型の中距離弾道ミサイルで、37分間飛行して日本海に着水したと発表した。

声明によると、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)がミサイルを分析したところ、北米への脅威はないと判断した。発射地点は北西部のパンヒョン付近だったという。