[ソウル 4日 ロイター] - 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、北朝鮮が4日に発射したミサイルについて、大陸間弾道ミサイル(ICBM)級である可能性について軍が分析している、と語った。国家安全保障会議の冒頭に述べた。

大統領は、自身とトランプ米大統領が自制を求めたわずか数日後に北朝鮮がミサイルを発射したことに深く失望していると表明した。

その上で、北朝鮮のミサイル発射は国連安保理決議違反であり、国際社会の警告を無視するものだとして強く非難する、と付け加えた。