6月4日、北朝鮮国営テレビは、同国が金正恩朝鮮労働党委員長の指揮の下、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の実験に成功し、世界中どこでも到達できるミサイル技術を獲得したと報じた。写真はソウルでニュース映像を眺める男性(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[東京/ソウル 4日 ロイター] - 北朝鮮は4日午後、国営メディアを通じ、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射に成功したと発表した。高度は2802キロに達し、飛行距離は933キロ、39分間飛んだとしている。専門家は、最も遠くまで飛ぶ角度で発射すれば米アラスカ州に届く可能性がある指摘する。

写真は北朝鮮メディアの発表を報じる韓国のテレビ(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji)

 ミサイルは午前9時39分ごろ、北朝鮮西岸から発射。米軍はミサイル発射後まもなく、初期段階の分析として、ICBMではなく中距離ミサイルだったとしていた。北朝鮮の発表前に記者団の取材に応じた日本の稲田朋美防衛相も、2000キロ超の高度に達した5月14日の中距離弾道弾か、その派生型との認識を示していた。

 北朝鮮は発表の中で、高い角度をつけて発射する「ロフテッド軌道」で撃ったと主張。周辺国に影響はなかったとした。世界各地を攻撃できる、とも強調した。

 米科学者団体「憂慮する科学者同盟」のデービッド・ライト氏は自身のブログで、通常の角度で発射すれば約6700キロ飛んだと可能性があると指摘。「アラスカ州には届く」とした。