[ウィーン 4日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)の理事会メンバーであるノボトニー・オーストリア中銀総裁は4日、ECBのインフレ目標について、過度に狭く適用されるべきではないとの見解を示した。

同総裁は金融政策に関して行った講演で、インフレ目標には「ある程度の柔軟性」が必要になると述べた。

ECBはインフレ率を2%に近いがこれをやや下回る水準とすることを目標としている。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)