[ワシントン 4日 ロイター] - 米国防総省は4日、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を強く非難するとともに、北朝鮮の脅威から米国と同盟国を防衛する用意があると表明した。

国防総省報道官は「われわれは増大する北朝鮮の脅威から米国と同盟国を防衛し、われわれが持つあらゆる能力を使う用意がある」とし、「同盟国である韓国と日本を脅威から守るというわれわれのコミットメントを堅持する」と述べた。