6月26日、米国の中央銀行制度には、海外中銀の資産を預かるという、あまり知られていない役割がある。その役割は米国に特異な恩恵を与えている。つまり、外国に関する情報源として機能しているのだ。写真は、米中央銀行制度の標章。ワシントンで14日撮影(2017年 ロイター/Joshua Roberts)

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 米国の中央銀行制度には、海外中銀の資産を預かるという、あまり知られていない役割がある。その役割は米国に特異な恩恵を与えている。つまり、外国に関する情報源として機能しているのだ。

 米財務省など米政府機関は年に数回、ロシアや中国、イラク、トルコ、イエメン、リビアなどの中銀の保有資産を分析するため、通常は機密扱いとなっている、これらの海外中銀口座を調べている、と米連邦準備理事会(FRB)や米財務省の現旧高官10人以上が明らかにした。

 米FRBは、このような口座に含まれる情報を厳重に管理している。だが複数の当局者によれば、米当局は、海外の中銀と交わしたサービス契約に含まれる「知る必要」のある機密例外条項を定期的に適用しているという。

 この例外条項によって、財務省や国務省、FRBの当局者は、正規アクセスがなくても、口座から出し入れされる資金の動きについて情報を集めることが可能になるという。こうした情報は、米国政府が経済制裁措置を監視したり、テロリストによる資金調達や資金洗浄(マネーロンダリング)を阻止、あるいは世界市場の「ホットスポット」の全体像を把握したりするのに役立っている。

 約250の海外中銀や政府機関が、全体で3.3兆ドル(約368兆円)に上る資産をニューヨーク(NY)連邦準備銀行に預けている。これは世界のドル準備高の約半分に相当する。このサービスは「安全かつ極秘」だと、2015年のプレゼンテーションで宣伝されていた。

 国際決済銀行(BIS)や他の主要中銀、一部の商業銀行も同様のサービスを提供しており、顧客は通常、複数の口座を持っている。とはいえ、米債券市場と世界の準備通貨である米ドルに直接アクセスできるのはFRBを通じてだけであり、これによりFRBはいわゆるカストディ(保管・管理)業務の最大手となっている。