[ヘルシンキ 5日 ロイター] - フィンランドの通信大手ノキア<NOKIA.HE>と中国のスマートフォン(スマホ)・家電メーカー小米科技(シャオミ)[XTC.UL]は5日、特許のライセンス契約で合意したと発表した。

金銭的な条件は明らかにしていないが、合意には携帯電話規格に関する特許の相互利用が含まれるという。

ノキアはネットワークインフラ機器をシャオミに提供する。

ノキアは米アップル<AAPL.O>や韓国のサムスン電子<005930.KS>とライセンス契約を締結しているが、中国企業との合意はこれが初めて。

OPエクイティーズのアナリストは「財務的にはノキアに大きなプラスになるとは思わないが、他の中国メーカーとの交渉に幸先の良いスタートになる」と話した。