7月6日、7日開幕するG20サミットでは、北朝鮮問題が主要議題となる。大陸間弾道ミサイル(ICBM)を「レッドライン」としてきた米国が、対北朝鮮で頼みとする中国との首脳会談で連携強化を打ち出せるかが焦点だ。写真左は中国の習近平国家主席、右は米国のトランプ大統領。米フロリダ州で4月撮影(2017年 ロイター/Carlos Barria)

[東京 6日 ロイター] - ドイツのハンブルクで7日開幕する20ヵ国・地域(G20)サミットでは、北朝鮮問題が主要議題となる。大陸間弾道ミサイル(ICBM)を「レッドライン」としてきた米国が、対北朝鮮で頼みとする中国との首脳会談で連携強化を打ち出せるかが焦点だ。ただ、米中は貿易面での摩擦も抱える。両国の対立が会談後に鮮明化すれば、北朝鮮に起因する地政学リスクはいっそう高まりかねない。

 北朝鮮は4日午後、国営放送を通じ、ICBMの発射実験に成功したと発表した。G20の討議では、貿易や気候変動が主要テーマになるとみられていたが、開幕直前のミサイル発射で「北朝鮮問題の優先順位が一気に上がった」(外務省幹部)格好だ。成果文書には、北朝鮮への非難も盛り込まれる公算が大きい。

 米国のヘイリー国連大使は5日、国連安全保障理事会の緊急会合で、北朝鮮による核ミサイル開発計画の阻止に向け「やむを得なければ、(軍事力を)行使する。ただ、その方向に進む必要がないことが望ましい」と述べ、北朝鮮の友好国である中国に対して、一定の影響力行使を求めた。

 トランプ米大統領は北朝鮮の発射実験を受け、自身のツイッターに「恐らく中国が北朝鮮に対して厳しい一手を打ち、このような意味のないことをきっぱりと止めさせるだろう」と投稿。

 中国への期待感を示す一方で、「中国と北朝鮮の間の貿易は、第1・四半期中に約40%増加した」とも指摘し、懐疑的な見解もあわせて表明した。