[フランクフルト 6日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのワイトマン独連銀総裁は6日、ユーロ圏の景気回復加速に伴い、欧州中央銀行(ECB)が異例の刺激策を縮小する余地が拡大したとの認識を示した。

量的緩和はデフレ回避目的で導入されたが、現在ではリスクが低くなったと指摘。「景気回復が続き、金融政策正常化の見通しが強まっている」と述べた。

「ブレーキを踏み切るわけで無く、アクセルから幾分足を外すということだ」と説明。正常化のペースはインフレ加速が持続するかによるとし、原油安のため年末までに物価の伸びが幾分鈍化する可能性を指摘した。