[ワシントン 6日 ロイター] - 米中両国政府の高官が19日に「米中包括経済対話」をワシントンで開催し、2国間の経済問題について協議する。米政府当局者が明らかにした。「米中包括経済対話」は4月の両国首脳会談後に合意した新たな対話の枠組みで、経済・貿易問題を協議する。

トランプ米大統領は首脳会談の直後、中国の習近平国家主席に対して北朝鮮問題で協力すれば、中国は対米貿易でより良い条件を手にすると伝えたことを明らかにした。しかし最近のトランプ大統領は中朝間の貿易拡大を批判するなど、中国の北朝鮮に対する姿勢に不満を募らせているもようだ。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)