[東京 7日 ロイター] - 航空自衛隊は7日、空自のF15戦闘機と米空軍のB-1B戦略爆撃機が6日夜に東シナ海上空で共同訓練を行ったと発表した。空自機とB-1Bが夜間訓練を実施するのは初めて。常時作戦を行えることを示し、北朝鮮に圧力をかける狙いがあるとみられる。B-1Bは訓練後、南シナ海へ向かった。

空自によると、共同訓練には那覇基地(沖縄県)のF15と、アンダーセン基地(米領グアム)から飛来したB-1Bが2機ずつ参加。編隊を組んで飛行する訓練を行った。

空自は6月にもB-B1と訓練を実施したが、米太平洋空軍によると、夜間訓練は今回が初めて。太平洋空軍はホームページで「夜間に安全かつ効果的に飛行し、訓練をするのは、米国と日本が共有する重要な能力だ」とコメントしている。

訓練を終えたB-B1はアンダーセン基地に戻らず、南シナ海へ向かった。太平洋空軍はホームページで、国際法で認められた航行の自由の重要性を指摘。南シナ海を自国の海と主張する中国をけん制する狙いがあった可能性がある。

(久保信博)